メインイメージ

事業計画書について

会社設立と事業計画書について

会社を作るということは実はそれほど難しいことではありません。20~30万円程度の現金と、何をしたいかという考えさえあれば会社設立のための書類を作成することは十分に可能です。

最近では会社設立のための手続きを専門家に外注することもできるようになっており、少ない労力で会社設立を行うことができるようになってきているのです。

かつての会社法では株式会社は1000万円の資本金の準備が必要でしたし、有限会社でも300万円の事業資金を準備する必要がありました。これが最低ラインだったのです。

しかし現在の新会社法では資本金が1円でも会社設立が可能になりました。そのためハードルは大きく引き下げられたと言えるでしょう。

しかし会社を経営することの難しさが際立ってくるのはこの様な会社設立の後です。会社設立後に最初に直面する問題というのは事業資金であることが一番多いとされています。

何かをする場合にはどうしても資金が必要ですが、事業が軌道に乗るまでにこの資金が尽きないようにしなければならないという問題があります。

そのため殆どのケースで何らかの借り入れを行って事業を動かすことになります。

全て自己資金で賄えるまで待っていてはビジネスチャンスを逃すことになりますのでどうしても借り入れを考慮しなくては事業を行うことは難しいのです。そんな時に必要になるのが事業計画書と呼ばれる書類です。

この事業計画書は会社のパンフレットにも名刺にも説明書にもなる書類です。この事業計画書は他の企業との取引を行う場合にも必要になりますし、銀行などの金融機関から融資を得るためにも必要になります。

自分の会社がどのような事業を行っているのかを相手に魅力的に伝わるようにまとめることがこの事業計画書には求められています。この書類の出来次第で会社への印象というものはどのようにでも変化するものなのです。そのため経営者はこの書類を何よりも重要な書類として力を注がなくてはなりません。

この事業計画は会社設立のための必須書類ではありませんし、どこかに提出することを義務付けられたものではありません。しかしビジネスは一人で行うことが出来るものではありませんのでより多くの人と協力関係を構築するために準備しておくのが当たり前の書類になってきています。この様な書類は会社に興味が無い人には知ってもらうための良いき脚気となり、興味がある人にはより引き込むための重要な資料になるのです。

Copyright© 2014会社設立の方法を考えるときに知っておきたい低価格設立 All Rights Reserved.