メインイメージ

会計事務所について

会社設立と会計事務所の関係

会社設立をする場合、同時に行っておくことが推奨されることがいくつか存在しています。その中の一つに会計事務所との顧問契約が挙げられます。この様な選択肢を採用するかどうかは会社設立をした人の目指す方向性にもよるのが一般的ですが、信頼のおける会計士との契約は非常に多くのメリットを得ることが出来ますので事情が許すのであれば契約をしておくことが望まれます。

まずこの様な顧問契約を結ぶメリットですが、最大のメリットは信頼性が高まるということです。会社設立をする場合、余程冒険をする覚悟があるのでなければある程度の取引相手を確保してからの企業となるのが一般的です。

全く何の準備もしていない段階から起業を行うというのは無謀と隣り合わせの危険な状態です。その様な状態でない限りは主な取引先となる相手は既に確保しているのが実情ではないでしょうか。

顧問先となる会計事務所はその様な取引先企業に紹介してもらうのが一つの選択肢であると言えるでしょう。

この様な方法を採ることにより、取引先に対して安心感を与えることになります。この様な顧問契約は健全な財政状況を維持するためのコンサルティングを行うのも業務の内であり、新しく事業を行う上でその様な契約が存在しているということは安心感につながります。

また全く縁のない相手に対しても一定の信頼感を与えることにつながることがはっきりとしています。例えば金融機関を相手に話をする際に顧問先の会計事務所があるかないかは資料の信頼性に大きく影響することがはっきりとしています。

特に融資の際に提出する事業実績などは自分で作成したものと外部の会計士が作成したものでは重みが異なります。

それだけ専門家の作成する文書には説得力があるのです。そのため会社設立時にこの様な顧問契約が存在しているとそれだけで融資を受けやすくなったり、金利が下がったりするという特徴があります。このことを良く理解して会社設立に望むことが必要となるでしょう。

一方でデメリットが全くないわけではありません。顧問契約を行うには月々の支払いが必要になりますし、決算資料の作成にはさらに多くのお金が必要になります。

事業が軌道に乗らない段階ではその様な負担が大きいのもまた事実であると言えます。

しかし長期的に考えた場合、その様な契約を結んでいるという事実から得られるメリットは大きなものであり、その間に本業である経営の方に注力するのがより望ましい姿であると考えられます。

Copyright© 2014会社設立の方法を考えるときに知っておきたい低価格設立 All Rights Reserved.