メインイメージ

安い資金で行う

安い資金で行う会社設立

かつて会社設立を行うためには多額の現金が必要でした。株式会社であれば資本金として1000万円を用意する必要がありましたし、有限会社でも300万円は必要になります。

この金額に加えて登記のための手数料が必要になるというのが会社設立のための最低限のハードルであったのです。

しかし近年行われた会社法の改正により、資本金の部分については大幅な規制緩和が行われました。どのような会社を作るに当たっても資本金は最低1円でも良いという形に変更になったため、事業を興すということ自体のハードルが大幅に引き下げられた形となりました。

そのためかつてに比べて会社設立は安い金額で行えるようになったと理解しても差し支えはないでしょう。具体的には資本金を1円で会社設立するのであれば20~30万円で会社設立を実現することが出来ます。

手続きの都合上、最も安く設立が出来るのは合同会社と呼ばれる会社組織です。

必要とする手続きが少ない分、安い金額での設立が可能になっています。この会社は新会社法の施行に伴って新しく設立可能になった新しい会社組織です。

個人事業主や家族経営の様なスモールビジネスを行う場合に便利な仕組みであるという特徴を持った会社です。株式会社とは異なり、面倒な手続きが若干少なくなっているため安く設立することができるのです。

この様な会社設立は突き詰めて言えば書類上の手続きです。そのため専門家に委託して手続きを進めてもらうことも可能な仕組みになっています。その様な業務の専門家としては司法書士などが知られています。

ただ専門家に外注をすると高くなるだろうと考える人も少なくありませんが、近年では電子定款と呼ばれる印紙税がかからない申請方法が普及してきており、その仕組みを活用すると自分で手続きを行うケースに比べてもそれほど変わらないという特徴があります。

この電子定款は個人で作るには少し難しくコストもかかりますが、それを事業にしている司法書士の事務所などでは比較的簡単に行えるのが特徴です。そのため面倒な手続きを任せてしまって自分自身は本業に専念するという選択肢を得ることができるのです。この電子定款が最も活躍するのは株式会社の設立の場合です。株式会社の場合には公証役場に提出して承認を得る必要があるのですが、紙の定款の場合には数万円の印紙税が必要になるのです。この印紙税が必要なくなるために安い金額で会社設立が可能になるのです。

Copyright© 2014会社設立の方法を考えるときに知っておきたい低価格設立 All Rights Reserved.